FC2ブログ

ネットで自動車保険

 

 先日の記事で
思い切ってネットで自動車保険をと
書きました

ポチるのが怖いので
二女にきてもらい
夫の意見も尊重のうえ
ある程度 確認しながら
ポチってもらいました

「ほっとした( ^ω^)・・・」のが正直のところです

本日払い込みにいってきました

現実になってみなければわかりません
事故というのは

でも同様に近い条件で
63260円から  35840円へ

これらはネット割引と ゴールド割引と
20等級わりびき・・・・などだそうです
(ソニー損保の場合)

~    ~    ~    
「京鹿の子」
は ほそぼそ 実家から
うけついでいます
小さい 株になっています

京鹿の子

~    ~    ~

アジサイも程よく 色をましてきました

う? アジサイの開花宣言も
あるという

aあじさい

そんな季節になりましたね

 
 
スポンサーサイト

赤ちゃんがでてきましたぁ~!

昨晩娘が男児を出産しました。

実は35週ころから、妊娠高血糖症と診断され
すべて自己管理の食事、一日6回食というつらい期間を
過ごしました。

どう見ても 3kgは越しているであろうおなかのふくらみ具合に
新米ばーたん「早くでておいでえ~」とエールを送っっていました。

15日ぐらいに予兆があったこと。
あかちゃんが大きくなりすぎないよう病院から指導があったこと。
やはり、精神的にあせりました。


痛みの来る時間が5~8分くらいで、どうにか入院を許可されました。
娘には どんな時間でも「つきあうよ~」って言っておいたので
夜中12時過ぎに連絡がはいり、私も病院にいきました。

でも、初め リラックスして、筋肉をゆるめるということが
難しく、痛みを必死で耐えることで どんどん時間がたってしまいました。
6時間経過、朝にはくたびれて 二人とも うとうと。

「家でねてくるワ」と言って、帰る車中、
私が付き合ったたことで
却って 娘を苦しくしてしまったのではないかと後悔してみたり。
とにかく、家に帰ってワタクシ、ねてしまいました。


その間、病院では本日中に出産させる と断言してくれて
いざという場合の帝王切開の準備も万端ととのえてくれたらしい。
    


結局ほぼ陣痛がきてから25時間かかって 自然分娩で2850gの
赤ちゃんが生まれました。

婿殿と待つ時間に食事をしてきて、帰ってきたら
「今、 出てきましたよ~!」と病院スタッフさん。



ところで、赤ちゃんの心拍数が刻々と記録される現場侵入取材もなかなかのもの。
時々痛くなる背中をさすったり、 押したりちびちゃんの出産に
かかわれたのは ラッキーでした。

新生することの尊厳を感じることができました。




新生児室のガラス越しに見える孫の無邪気なあくびが

超可愛い!

1月27日(金)

新爺  「きょうは、大安だったんじゃねぇか?」ですって。

たまには いいこと言ってくれて・・・



 

戌の日のおまいり

我が家、なにかとお世話になっている、寒川神社さんですが

今月の「戌の日」23日に娘の 腹帯のお祓いにいってきました。



IMG_0115朝顔

境内はお掃除の担当の方が5人ほど、お庭を掃ききよめていました。

午前9時半頃 参拝客も少なくて真に清新。

それでも、ご一緒の回には、3組の方が戌の日まいり、あとは 病気の平癒祈願

お仕事の成就、受験生もお父さんと来ていたりで10組ほどの祈願、無事終わりました。


IMG_0113@.jpg

わたくし、ばあちゃん街道をいくことになりましたが

自分のときのことは すっかりわすれています。

戌の日にお参りにいったかな?覚えていません。

戌の日が12日に一度あるのも ふむふむ・・・というありさま。

「ま、ばあちゃん少し頼りないけど、ちびちゃん がんばろうね。」   

「みんなで応援してるからね。 ママもパパもがんばってね。」    

よろしくお願い いたします。 






娘と車のならし運転

先だっての火曜日
「そうねぇ~どこへいきましょっか」とむすめと車の練習ドライブで
出かけたのは ここで~す。

IMG_3212-1.jpg
ものすご~くすいていて 人がいない場所。
お庭が美しい。

大岡越前の菩提所といわれています。

IMG_3211大岡
大岡越前(1677-1751)
--------------------------------------------------------------------------------

宝暦元年(1751)12月19日、テレビドラマでおなじみ大岡越前こと、大岡越前
守忠相(おおおかえちぜんのかみ・ただすけ)が亡くなりました。75歳でした。

大岡忠相は延宝5年(1677)江戸で生まれました。父は1700石の旗本大岡忠高、
10歳の時に同族の旗本大岡忠真(奈良町奉行)の養子になります。

元禄6年(1693)に兄の忠品が将軍綱吉の怒りを買って遠島になり、同12年には
従兄の忠英が上役を殺害する事件を起こして一族は肩身の狭い思いをするこ
とになります。

同年養子先の娘・珠荘院と結婚して子供を2人もうけますが二人とも早死に
し、宝永6年(1706)にはその妻も亡くなってしまいました。

幕府の職に就いたのは元禄15年(1702)5月、御書院番という役目でした。その
後、御徒頭・御使番・御目付と出世し、正徳2年(1712)伊勢山田奉行に就任
しました。

しばしば大岡越前は紀州藩内で活動していたのを吉宗に認められて、吉宗が
将軍になった時に一緒に連れて行ったと思っている人がいますが、そうでは
なく、大岡はお隣の山田の奉行でした。

この山田奉行時代に紀州と松坂の境界線問題を厳正に裁いたことで吉宗がこ
の人物に注目します。そして享保元年(1716)に吉宗が将軍に就任すると、彼
を江戸町奉行に抜擢(1717)したのです。

彼は江戸町奉行を19年間、その後寺社奉行を15年間務め、寛延元年閏10月に
は1万石に加封して三河国大平の大名に列しました。この大平の大岡家はその
後もずっと継続していきます。

寛延4年、病気により寺社奉行を辞し、その年6月に吉宗が亡くなると、その
後を追うように同年12月19日死去。

忠相が江戸町奉行に任命された時、彼は北町奉行でしたが、2年後にその奉行
所(数寄屋橋)が南町奉行所と改名されて!!彼はその後南町奉行として活動し
ています。その頃の奉行所の陣容は与力25騎、同心120人。これで御江戸八百
八町の治安を守らなければならないので、かなりの激務であったようです。
だいたい事件の発生件数からすると1日平均30~40件の判決が言い渡されて
おり(ニューヨークの24時間営業の裁判所並み!!)、その関係者の取り調べに
あたる与力たち、事件の捜査をする同心たちの負荷というのはすさまじく
重たいものでした。

町奉行所は北と南が月交替でおこない、1月受付をしたら1月休みなのです
が、その休みの月にも下調べや調書書きですさまじい忙しさ、実際には休み
はほとんど無かったようです。

事件が多いので、ほとんどの事件は与力がほぼ全て決着を付けており奉行は
その結果を承認するだけ。あとは主として取り調べの様子を見て回ることに
時間を割いたようです。奉行が御白州で直接取り調べをおこなったのは余程
の重大事件でしょう。

時代劇ではよく「不届きに付き、打首獄門を申しつける!」などとやっている
ケースもありますが、実際には相手が町人といえども、死罪を言い渡すには
老中の許可が必要でしたので、死刑の場合その場で判決が言い渡されること
はありませんでした。老中は死刑認可の印を押すのに、印の入っている袋の
紐を「今日は2回りほどこうかな」「今日は1回りだけにしておこう」と
何日もかけてから取り出し、そして押印したといいます。それだけ死刑とい
うのは意味の重い刑罰として運用されていました。「人の命は地球より重い」
という考え方は、何も戦後の裁判官が突然思いついたものではなく、日本と
いう国の長い伝統なのでしょう。これが平安時代になると、数百年にわたっ
て、死刑という刑罰は一切おこなわれていません。

大岡忠相は町奉行所の構造の設計をおこない、その後奉行所が建て直される
時は忠相の設計が基本的に踏襲されています。また同心やその個人的な部下
である岡っ引きたちに拷問の禁止を徹底させ、冤罪防止のための心得なども
厳しく説いています。その辺りが「名奉行」と呼ばれたゆえんなのでしょう。(ネットより)

IMG_3217歌草
はい、どこにもこの地茅ヶ崎に大岡越前のゆかりが
書いてありません。

IMG_3218和田家
・・・

IMG_3215坐像
・・・
IMG_3219旧和田家

・・・

ここで旧跡の周辺を きれいに手入れして草取りをしていたご婦人に
「おせわさまです」とこえをかけてしまいました。
汗をふきながら「ありがとうございます」と返してくれた
笑顔がきれいでした。

・・・
ひまになったら、草取りのヴォランティアもいいなぁ~!とも。

今度は友人の歴女もさそってみよっと。
きっとなにか教えてくれそう。

二女

10日ほど前、久しぶりで二女と食事。

あってすぐ、「このごろ おかあさん、コロコロしてないでしょ」といわれる。
いやいや、肉親とは遠慮がない。
そういえばうちの教室の生徒さんにも
「先生,としいくつ?鼻の横にしみがあるのは受け持ちの先生と同じ。」
(鼻の横ばかりではなく たくさんメラニンでてるの知ってますです)
であったことからも 皮膚の劣化は 遠慮なく身にふりかかっているのは事実。



で、ま~気をとりなおして・・・このリンゴの花をご覧下さいまっせ。
清らかな 真っ白な花。見るだけで肌の明度がますような。

IMG_1166リンゴ



彼女が探してくれていた食事処のなかで比較的入りやすい和食で
落ち着いた。
中央林間は私的には のどかで便利なイメージがある。


IMG_1171EN


この店はサラダバーとおつけもの、煮つけはバイキングになっていて、
お得感があるのか 昼時はそれなりに込んでいた。

いきおいでデザートも頼んだものの おなかいっぱい。


二女、心なしか 少しスリムになってきれいになってきたと思うのは
親の欲目?

ところで親の願いはひとつ。
やっぱり、誰かと幸せになってほしいこと。(リフレイン)

カウンター

プロフィール

ruby-mama

  • Author:ruby-mama
  • 2004年2月7日生まれの
    キャバリア・ブレンハイム
    ruby(女の子)との日々を
    つづっています。
    身の回りの植物に目をとめては
    立ち止まります。

最近の記事

最近のコメント

リンク

更新リスト

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-